ミニムの評判って実際どうなんでしょうか?

固定コストとして考える人へ

「サーバーなんてどこを使っても一緒」という方がいます。
確かに、最近のレンタルサーバーは、どこもスペックが向上しています。
ただ、忘れてはいけないのは、サーバーのスペックが上がっている一方で、同じように、Webにおけるアクセスの量も増えています。

 

TwitterやFacebookといったソーシャルメディアでURLが共有されると、個人サイトでも瞬間的に膨大なアクセスが集まるきっかけも増えました。
また、スマートフォンやタブレットの普及により、日常的にWebサイトを閲覧する方の数は増え、今やWeb全体のアクセス総数は数年前とは比べ物にならない物となっています。

 

今後、あなたのサイトに瞬間的なアクセスがきたとき、「503エラー」を出して機会を逃すか、「503エラー」を出さずに多くのユーザーにサイトを見てもらうか、そこでWeb集客の成否が分かれるということを考えておくといいでしょう。

 

503エラーを防ぐ3つの対策

良い共用サーバーを利用する
共用サーバーではなく「専用サーバー」を利用する(※回線のスペックには注意)
「キャッシュ」の技術を用いて、サーバーの負荷軽減をする